ゆのみんの自転車ブログ

基本的にDAHONのROUTEのカスタムをメインでやってます。あまりお金かけたくない主義なので、ヤフオクやサイクリーで中古品を集めたり、自作したりしています。

お久しぶりです!!

みなさんお久しぶりです。

ゆのみんです!


ここ最近更新できなかった理由は、DAHONで単独事故を起こしてしまいフォークがぐにゃりと曲がってしまい、さらにRevive もワイヤ切れ、タイヤ消耗などで金銭、時間共に余裕持てなかったんです。(T_T)


そしてDAHON ROUTEにフロントサスペンションを導入しちゃいました~パチパチパチパチ



このサスペンションは少し構造が特殊だったので一目惚れ!!早速取り付けにかかったんですが問題が2つ出てきました……


・中にネジ切りが無い

DAHONのハンドルポストに必要なネジ切りが存在して無かったんです。これは強度を上げ固定力を上げるものですが、まぁそこまで必要ではなさそうなので放置(笑)


・ヘッドベアリングが消耗してる

これはそこまで痛くは無いんですが、この際交換した方が良いだろうと思いました。まぁ来月辺りには届くでしょう。


そもそも折り畳み自転車にサスペンションつけるのはバカみたいと思いますが、振動吸収では結構役立ってます。まぁ重くなりましたがね………

最近の嬉しい報告

どうも、忙しすぎて更新してなかった(*^^*)

梅雨時ですねぇ~

先日も快活で12時間パックで過ごして外出たら土砂降りで正直萎えました(T_T)

僕はレインウェア速攻で買いに行きましたよ。僕は衣類に関してはケチなんで出来るだけ安くレインウェアが買えないか悩んだ末、ドンキホーテのレインパンツを1600円で買って上は元々持ってたノースフェイスのジャケットで代用してます(^-^)vただ、ソレジャア フツウ スギテ ツマンナイ(゜ロ゜)ってことで次の給料が入ったらColumbiaのポンチョを新調することにしました。

ポンチョはミニベロに似合うはず、いや、似合ってもらわなければ困る!!!

僕の可愛い可愛いRouteちゃん………


おっと……

これじゃなくて、違う違う(ヾ(´・ω・`)

最近Stravaを始めてみました。

便利ですねぇコレ~

ただ僕としてはロードでやってもつまらないという理由で、「ミニベロで区間タイム変えてやろうぜ」っていう悪魔の囁きが……

でも、結局僕はミニベロで速くなりたかったのでこのアプリ使って正解だったよ(* ̄∇ ̄*)

とりあえず、近隣の平坦スプリント区間を5位、学校近くの緩勾配を1位取ったどーー

まだまだ修行が足りないぞ……


この区間を狙うために、とことん

カスタム、修理をしました。


まずはクランクのチェーンリングをミニベロ標準の48tから大きめの52t(ホントは60tが良かったけどもお金なかった(T_T)


次にチェーンが半端なく延びきっていました。これが一番酷かったです、まずダンシングすると一回転目で外れます。これは密林さんで¥800-で買えました。


そして変速をターニーの一番下の6s用を、近くの自転車屋で¥600-で売ってもらいました(^-^)v

ここまでで順調かと思いきや……

何回調整しても…調整しても歯飛びする

原因はスプロケの消耗だと判明

こちらも急いで密林で……(^^)


ようやく完成したDAHON Route2014カスタムが、前よりストップ&ゴーがしにくくてなったけども圧倒的に速いって実感できる


これは……やっぱ……60t化か?

次のクロモリ用のヘッドに困惑

こんにちは、ゆのみんです。

最近は暑かったり、寒かったりで体調を崩してしまいました(笑)


この前、初めて小牧の方にある「自転車ひろば遊」というお店に行って来ました。


こちらのお店は、大学の先輩に勧められてからずっと前から気になっていたお店の一つでした。


このお店の第一印象は、自転車が多いうえミニベロの品揃えが良いってことです。まさか、キャリーミーやタルタルーガのセミリカンベントを直に見れるとは思わなかった(笑)


こちらのお店の店員さんも明るくて、とても気持ち良かったので先ずはDAHON routeのハンドルポストのレバーの取り寄せが出来るか聞いてみたところ、「取れるかどうか分からないけども聞いてみるよ」と快く受けて貰い、次週DAHONさんに問い合わせて貰い、なんと!取り寄せが出来たそうです(^人^)


私は店員さんに次のクロモリのヘッドパーツが見当たらないことを相談してみました。なんやかんやあって、ヘッドパーツの企画はカンパ規格で最近は扱ってるメーカーも少ないそうです。(カンパJAPANでも、既に生産してないらしい汗)

その中で出てきた候補の内にケーンクリーク社のヘッドパーツがありました。ケーンクリーク社のヘッドパーツは、ドバッツの展示自転車にも付いてたのを覚えていましたので私はケーンクリーク社の上から2番目のグレードのパーツを取り寄せを頼みました。お値段がたしか¥7,000+taxだった汗。一般人だったらベアリングごときに¥7,000もかけるなんてバカだと思うかもしれませんがコレしか無いんですぅ。色も合うし。


正直クロモリ製作時にしっかり話を聞いていなかった私(高2の時)が物凄くバカでした(笑)


次の更新は、パーツが入ってからかな?